FORGOT YOUR DETAILS?

近畿エリア

太田道灌イラストレーション:工藤稜

太田道灌
イラストレーション:工藤稜

蔵元:太田酒造株式会社/武将:太田道灌(おおたどうかん)

銘柄:千代田城


太田酒造株式会社、琵琶湖ワイナリーは母なる湖で農産物を素材に、ワインから日本酒・
焼酎まで手掛ける日本一小さな総合酒類メーカーです。
江戸城の築城に携わり、東京の開祖である太田道灌を祖先にもつ創業明治七年の歴史と
伝統のある酒蔵です。酒造りは約130年前の江戸末期にさかのぼります。近江米を有効
に使うため酒造りを始めました。太田家の歴史は古く、先祖には太田道灌がいるため、
その名前を使用し「道灌」という銘柄を造りました。
先代が作りあげた”酒造り”の土壌を守り、継承してくと同時に、日本酒をはじめワイン、
ブランデー、焼酎、リキュールなどの商品を生み出し時代の流れに応じた新しい試みに
チャレンジしてまいります。

【住 所】〒525-0034 滋賀県草津市草津3-10-37
【連絡先】TEL:077-562-1105/FAX:077-564-0046
【WEB】http://www.ohta-shuzou.co.jp
【通 販】http://www.ohta-shuzou.co.jp/fs/dohkan/c/all
仕込中につき、しばらくお待ちください!!

仕込中につき、しばらくお待ちください!!

豊臣秀吉

豊臣秀吉

蔵元:佐々木酒造株式会社/武将:豊臣秀吉(とよとみひでよし)

銘柄:聚楽第


秀吉がこの場所に聚楽第を建てた理由の一つとして「水の良さ」があったそうです。
現在でも良質で豊富な地下水は変わりなく、小川通りに並んでいるお茶の家元などはもち
ろんのこと、豆腐や湯葉、生麩など、水が命の産業はいまも洛中には多く残って<>います。

「京都の老舗は100年150年は鼻たれ小僧、300年続いてやっと一人前」なんて言われます。
うちの蔵は創業120年程度ではありますが、せっかく代々続いてきた商売ですし、酒蔵
というのはまず新しく始められる商売ではありませんので、なんとか残していきたい、
せめて次の代までは残していきたいと思っています。それに、こんなに水のいい場所で
お酒造りができるということは本当に有難く、自然の恵みに感謝しております。

みなさまのご期待に添えるよう、規模は小さいながらもこだわりをもった良質の製品
づくりをこころがけて、今後とも頑張ってまいります。

【住 所】〒602-8152 京都府京都市上京区日暮通椹木町下ル北伊勢屋町727
【連絡先】TEL:075-841-8106㈹/FAX:075-801-2582
【WEB】http://jurakudai.com
【通 販】http://jurakudai.shop-pro.jp
【SNS】facebook
仕込中につき、しばらくお待ちください!!

仕込中につき、しばらくお待ちください!!

黒田官兵衛イラストレーション:増永計介

黒田官兵衛
イラストレーション:増永計介

蔵元:田中酒造場/武将:黒田官兵衛(くろだかんべえ)

銘柄:白鷺の城


天保6年(1835年)に創業し、姫路の酒蔵として「名刀正宗」という銘柄を主に造り続
けてきました。 6代目社長、田中康博は好奇心旺盛な性格で、全国の有名な酒蔵50
~60カ所を行脚、日々酒作りの研究を続けています。
伝統の「石掛け式天秤搾り」
21世紀を前に日本の文化、伝統の酒造りを後世に伝えていきたいと思い、平成12年に
復活させました。現在、この搾り方を採用している蔵元は少ないのですが、結果とし
て機械式にはないまろやかな酒に仕上がるのです。
日本人の魂に響く日本酒を、今の時代にあった味で創りだす「温故創新」の思いのも
と、5年、10年先の酒造業界を見すえた酒造りを続けています。

【住 所】〒671-1114 兵庫県姫路市広畑区本町3丁目583
【連絡先】TEL:079-236-0006/FAX:079-236-9334
【WEB】http://www.harima-sake.jp/introduction/tanaka/
      (播磨広域連携協議会:はりま酒文化ツーリズム)
商品に関するお問合せはこちらから

商品に関するお問合せはこちらから

雜賀孫市イラストレーション:横田守

雜賀孫市
イラストレーション:横田守

蔵元:株式会社九重雜賀/武将:雜賀孫市(さいかまごいち)

銘柄:未定


弊社は、1908年 食酢の製造元として創業いたしました。創業者である雜賀豊吉は、
「より良い食酢を製造するには主原材料である酒粕から一貫して製造すべきである」
という考えから、そして「食事に合う日本酒を造りたい」という夢から1934年日本酒
の製造を開始しました。
創業者の考えと夢を現在に引き継ぎ「より良い酸を食卓へ」と「主原材料からの一貫
造り」をテーマに大海原を見て夢を馳せ戦国風雲の中を疾駆した弊社の祖先でもある
雜賀衆とその頭領である『雜賀孫市』を心意気を商品に託し、全社員一丸となり食酢・
食酢関連商品・日本酒・梅酒・発泡性酒類・清涼飲料水を醸している蔵元です。

【住 所】〒649-6122 和歌山県紀の川市桃山町元142-1
【連絡先】TEL:0736-66-3160/FAX:0736-66-3163
【WEB】http://www.kokonoesaika.co.jp
【通 販】http://www.kokonoesaika.co.jp/shop/
【SNS】【facebook】  【Instagram】
現在仕込中!しばらくお待ちください

現在仕込中!しばらくお待ちください

TOP