FORGOT YOUR DETAILS?

関東エリア

水戸黄門一行

水戸黄門一行

蔵元:合資会社井坂酒造店/武将:水戸光圀一行(みとみつくにいっこう)

銘柄:日乃出鶴


江戸末期の文政元年(1818年)に創業。農林業が盛んだった常陸太田市里美地区の豊か
な水と良質の米を使って酒づくりが始まりました。
明治32年(1899年)3月に土蔵を建設。現在もメインの蔵として使用しています。
戦時中は酒造りを中止していましたが、戦後は焼酎から醸造を再開し、昭和30年から
新潟の杜氏を招いて日本酒造りを復活させました。
平成8年からは自力醸造へ切り替え、社長兼杜氏が酒造りを行っています。

【住 所】〒311-0504 茨城県常陸太田市小中町187
【連絡先】TEL:0294-82-2006/FAX:0294-82-2006/EMAIL:tsuru-isaka@clock.ocn.ne.jp
【WEB】http://www.isakasyuzou.co.jp
【通 販】https://www.rakuten.co.jp/isakasyuzou/index.html
商品購入はこちらから!!

商品購入はこちらから!!

徳川家康

徳川家康

蔵元:第一酒造株式会社/武将:徳川家康(とくがわいえやす)

銘柄:開華


関東平野の北端「水と緑と万葉の町」、栃木県佐野市。古くから酒造りの町として
知られているこの町で、創業延宝元年(1673年)と約330年余りもの歴史を持つ、県内
最古の蔵元。
平成10年より、全銘柄特定名称酒へ移行。小仕込みによる米・水・造りのすべてに
こだわりを持った酒造りは、ふくよかで洗練された味わいの逸品を生み出しています。

【住 所】〒327-0031 栃木県佐野市田島町488番地
【連絡先】TEL:0283-22-0001/FAX:0283-24-6168/EMAIL:info@sakekaika.co.jp
【WEB】http://www.sakekaika.co.jp
【通 販】http://shop.sakekaika.co.jp
商品購入はこちらから!!

商品購入はこちらから!!

真田幸村

真田幸村

蔵元:近藤酒造株式会社/武将:真田幸村(さなだゆきむら)

銘柄:赤城山


明治8年(1875)、創業者である近藤亀吉が群馬県大間々町に「田中屋」の屋号で酒造業
を始め、赤城山の伏流水を仕込み水に辛口一筋にこだわってきました。
赤城山の麓に位置するため「赤城」として発売。後に「赤城正宗」に改名し、三代目の時
代に月を好んでいた事から名月赤城山にあわせ、「赤城山」に改名しました。
赤城山麓の仕込み水は淡麗、辛口に最適。地元では、燗なら「男の酒 赤城山からくち」、
冷やなら「赤城山生貯蔵酒」と言われるほど、愛飲されています。

【住 所】〒376-0101 群馬県みどり市大間々町大間々1002
【連絡先】TEL:0277-72-2221/FAX:0277-73-1603
【WEB】http://akagisan.com
【通 販】http://akagisan.com/shop/
仕込み中。もう少々お待ちください!!

仕込み中。もう少々お待ちください!!

新撰組

新撰組

蔵元:石川酒造株式会社/武将:新撰組(近藤勇・沖田総司・)

銘柄:多満自慢


石川酒造の歴史は文久3年(1863)9月1日(旧暦)に始まります。
多摩川の対岸、小川村(現在のあきる野市)の森田酒造の蔵を借りて13代当主和吉が
造りを始めました。 森田酒造の「八重菊」と姉妹関係ということで、創業銘柄は「八重桜(八重さくら)」
としました。その後、大正8年(1919)に「八重梅」と改められ、昭和8年(1933)から
現在の「多満自慢」の銘柄名を使用しています。

【住 所】〒197-8623 東京都福生市熊川1番地
【連絡先】TEL:042-553-0100/FAX:042-553-2017
【WEB】http://www.tamajiman.co.jp
【通 販】http://tamajiman.com/index.html
【SNS】facebook
仕込み中。もう少々お待ちください!!

仕込み中。もう少々お待ちください!!

北条早雲

北条早雲

蔵元:井上酒造株式会社/武将:北条早雲(ほうじょうそううん)

銘柄:小田原 北条、箱根山


井上酒造株式会社は、寛政元年(1789年)の創業以来、七代、二百年以上にわたって
酒匂川流域に広がる足柄平野大井の庄で、箱根からの清涼な冷気と伏流水、そして
厳選された原料米を使って日本酒を造りつづけてまいりました。
その間「酒は人柄が造る」と信じ一貫して守り通してきたものがあります。それは
三つの「和」です。最初の「和」は造り手が相和して酒造りをする。ふたつめの
「和」は飲んだ人の心が和らぐ酒を造る。最後の「和」は繊細な日本文化すなわち
和の心を持って酒造りをするというものです。
これからもこの三つの「和」を守りひたすら真心込めた酒造りを続けてまいります。
ぜひ一度ご賞味ください。

【住 所】〒258-0016 神奈川県足柄上郡大井町上大井552
【連絡先】TEL:0465-82-0325/FAX:0465-82-3951
【WEB】http://www.hakoneyama.co.jp
【通 販】https://hakoneyama.sakura.ne.jp/products/
仕込み中。もう少々お待ちください!!

仕込み中。もう少々お待ちください!!

TOP